Osteopathy

オステオパシーとは

オステオパシーは 、身体のあらゆる痛みや不調、機能不全といった問題を改善したり予防することのできる、手技のみによる施術法です。

WHO (世界保健機関) は、オステオパシーについてこのように説明しています。

「オステオパシー医学とも呼ばれるこの療法は、触診・手技をもとに診断と施術を行う。


オステオパシーは、健康/不健康な状態になりうる身体・思考・精神この3つの関係性を考慮に入れ、身体の構造と生理機能の整合性、そして身体に備わる自然治癒力を重んじる。」

Organisation Mondiale de la Santé. Benchmarks for Training in Osteopathy. 2010.

オステオパシーの基礎と根本理念は、アンドリュー・テイラー・スティルによって19世紀後半にアメリカで提唱されました。スティルは、1892年にミズーリ州カークスヴィルに初のオステオパシー学校、アメリカンスクールオブオステオパシーを設立します。

現在オステオパシーは世界中に広まり、代替療法としての確固たる地位を築いています。ヨーロッパ全体を見ても、オステオパシーはめざましい発展を遂げています。フランスでは、体の調子を整えるためにオステオパシーを受けることが一般にとても広まっています。他国に先駆けて内臓にアプローチする診断法とテクニックが提唱され、熱心に研究されているのも特徴的です。

オステオパシーは、解剖学的要素・生理学的要素の関係をもとに身体機能を向上させ、ホメオスタシス*を最適な状態に導きます。これにより、身体が自らの 力で健康状態を調整し、自己治癒する能力を高めます。

*ホメオスタシス= 恒常性。体内環境の生理バランスを維持する身体のはたらき

sean-oulashin-KMn4VEeEPR8-unsplash

オステオパシーの全体的でホリスティックな視点

「全体性・ホリスティック」という考え方は、オステオパシーの最も根本的な部分をなす理念です。

身体全体は一つのユニットとして機能し、その中で全ての要素は互いに関連しあって機能しています。

オステオパシーでは人体を器官や機能ごとに細かく区切って見ることはしません。

骨や筋肉、関節の動き、体液、組織、またホルモンなどの内分泌や消化のはたらきなどの身体をなす全ての要素は、相互に関係し合って機能しています。

ですから、具合の悪い箇所だけを見るのではなく、身体を丸ごと捉えて全箇所を見ていくことがとても大切なのです。


オステオパス(施術者)はこのように一人ひとりの身体を精査に調べ、相互関係にある体内の働きがどう機能し、また、どう機能していないかを見ます。

その上で、それぞれ個人に合った施術法を立てます。

オステオパシーによって症状を和らげることはできます。


しかし、その前に主眼を置くべきところは、症状の原因です。
どのようにして身体に問題が起きているのかという原因を探ることで、オステオパスは患者個人に最適の施術方針を立てることができます。


この個人に最適な施術がなされると、ホメオスタシス*というメカニズムによって、身体は良好な体内バランスを取り戻すことができます。


これにともなって、自己調整力と自然治癒力が働きやすい体内環境となり、複雑に絡み合った身体の問題が原因から解きほぐされ、症状は自然に和らぎます。


症状は、ただ無くせばよいというものではありません。もちろん、それを緩和することはとても大切です。


しかしその前に、症状の原因とも言える、うまく作用できなくなった体内のバランスを取り戻すことが重要です。症状とは、減らすべき目的物というよりは、問題の原因を探り、理解するための鍵となるものだと思います。

オステオパシーの特徴としては、脊椎のゆがみの調整だけではなく、内臓マニピュレーション、頭盖骨(とうがいこつ) 療法などさまざまなテクニックがあります。


たとえば、腰の痛みにおいては、ストレスによる自律神経の乱れからくる内臓の動きの低下、筋肉の緊張による神経の圧迫や血流の障害。


また、足首の捻挫も原因として考えられます。捻挫をすると、その後、足首が不安定になります。


そこから、力のバランスが不均衡になります。この状態が慢性化することにより、腰に負担がかる場合もあります。
腰の痛みといっても、原因はそれぞれ異なります。


オステオパシーでは痛みのあるところだけを調整するのではなく、痛みの真の原因を見つけ出してそこに適切な治療を行うことで、痛みの再発を防ぎます。


また、オステオパシーは昔、アメリカで今回の新型コロナより致死率が高かったスペイン風邪をオステオパシーで施術し、病院よりはるかに高い改善率だったという歴史があります。


私はオステオパシーの筋骨格系の障害にとどまらない治療効果にあこがれこの道に入りました。


私はオステオパシーコンセプトは社会全体どのお年寄りから新生児までどのフェーズにおいても、とても重要なコンセプトだと思っています。

ravi-pinisetti-1zikZJVXSfA-unsplash

オステオパシーのテクニック

  • 筋骨格系の調整

    四肢・背骨や関節の歪みの調整、筋肉の緊張による血管や神経の圧迫を解放、弾力を失った骨の組織や靭帯に刺激を与えて機能を回復はかります。

  • 内臓のマニピュレーション

    内臓はそれぞれの位置を保つために靭帯や膜で支えられています。全ての内臓は骨や隣接する臓器にハンモックのようにぶら下がりながら、一定の動きを繰り返しています。ところが、靭帯や膜はコラーゲン繊維質から成るため精神的ストレス、偏った食事の影響を受けて硬くなりやすいのです。これらが硬くなると内臓の動きを妨げ、血菅やリンパ菅の流れを阻害したり、神経を圧迫してしまいます。
    その結果、胃のむかつき、便秘、膨満感、腰痛などを引き起こします。
    内臓の調子が悪いのに、病院で検査を受けても異常がないと言われた場合には、オステオパシーの治療が有効な場合があります。

  • 頭蓋骨療法

    脳全体を包む膜は脊髄へとつながり、その中には脳脊髄液(のうせきずいえき)が流れていおり、中枢神経や自律神経のバランスに大きな役割を果たしています。この脳脊髄液(のうせきずいえき)の流れは、頭部や骨盤の過度な緊張により妨げられます。これらの緊張を解放することで自律神経のバランスを整えます。

frank-mckenna-OD9EOzfSOh0-unsplash

どんな症状に効果がありますか?

  • 腰痛・背中の痛み

  • 首の痛み・寝違え

  • 頭痛・偏頭痛

  • 手足の関節の痛み

  • 内臓の不調

  • 顎関節の痛み

  • 妊娠中の背中の痛み

  • 産後の骨盤の歪み

  • 赤ちゃんの夜泣・鼻炎・中耳炎・消化器の不調

お気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00 – 21:00

治療中は電話に出ることができませんので、再度ご連絡またはLINEでのご連絡をお願いいたします。