School

これから治療家を目指す方や臨床5年未満のセラピストさんへ

今まで大人数セミナーや高額セミナーに時間やお金をつぎ込んでも実際役に立たない、いまいち効果が出ないと思っている方に理学療法士として10年以上✖オステオパシー歴10年以上年以上✖訪問リハ10年以上、金額にして700万円~800万円ぐらいは投資し、その中で比較的シンプルで効果があるものを体系化したものを1か月~3か月、または6か月で習得できるスクールを開催します。

SchoolName について

Osteopathy&Physio Studentsの名前の由来です。巷では○○アカデミー○○大学とか月商○○円とかが流行っていますが私はそういうのが苦手なので小学校みたいな基礎的な知識と基本原則の考え方を重要視し、みんなで学び続け成長できるオステオパシーと理学療法士の小学校みたいなものを作りたくOsteopathy&Physio Studentsとさせていただきました。

私は訪問セラピストとして東日本大震災を浦安で経験しました。そして、今回は市川で新型コロナウイルスを経験しています。現在自粛の中、コロナウイルスは長期的になると思われますが、今後私たちセラピストの役割は大変大きなものになると思っています。

オステオパシーは昔、アメリカで今回の新型コロナより致死率が高かったスペイン風邪をオステオパシーで施術し、病院よりはるかに高い改善率だったという歴史があります。私はオステオパシーの筋骨格系の障害にとどまらない治療効果にあこがれこの道に入りました。

私はオステオパシーコンセプトは社会全体どのフェーズにおいても、とても重要なコンセプトだと思っています。
一緒に挑戦する。そんな仲間と一緒に学んでいきたいと思っています。

プレセミナー
(オンライン可)

プレセミナーではO&Pを開催するにあたっての経緯やオステオパシーの哲学・原理原則・理論背景。そして上肢、下肢、体幹コースの評価とアウトラインをお話しします。

O&P 上肢/下肢/体幹

このコースでは、まずどこを先にアプローチするかを評価できることを学び、膜リリース・内臓膜リリース✖ファシリテーション✖セルフエクササイズとつなげていきます。回数は体幹・下肢・上肢の3回とグループチャットでの質問・相談・グループディスカッション付きです。

オステオパシーとファシリテーションを掛け合わすことで今までとは、明らかに改善のスピードが違う技術を習得できます。

グループチャットを作りお互いの課題や問題点を共有しながら実際の臨床に落とし込めるようにします。グループの学びのスタイルにより期間は1カ月~3か月までで、その都度調整していきます。

治療体験&プレセミナー

プレセミナーと治療体験です。
セラピストなので体験が一番早いと思います。